清掃業がきつい!?向いている人と向ていない人の違いは?

仕事
Pocket

清掃業の仕事って何なの?

仕事の内容が経験がないとわからいところが多いともいます。

転職を考えている場合、自分が向いているのか?向いていないのか?
悩みどころだともいます。

私も営業職から転職したときは本当に大丈夫か心配でした。

しかし、長年仕事についていると向いている人と向いていない人が
見えてきます。

そんな清掃業に向いている人と向いていない人についてまとめてみました。

清掃業に転職を考えて着る人の参考になればうれしいです。

利用はすべて無料!東京都内での就職・転職なら!【正社員就職応援プロジェクト・東京しごとセンター】

清掃業に向いている人向いていない人の違いは?

 

清掃業なんて誰でもできるだろ!
って思っているなら考えかたは変えたほうがいいかもしれません。

清掃業ではいろんな分野の職種があります。

ビルの清掃や会社内の清掃など他ににゴミ回収業者や産業廃棄物回収業
などがあります。

いわゆる、自分達が汚したところをきれいにしてくれる仕事や
ゴミを出したものを回収してくれたり、家の中の大きなものを
外に出して回収してく行くなどあります。

もし、転職を考えているなら汚れたところをきれいにするだけ
だと思った人は意外と長く続かない人も多いと感じます。

それでは向いている人と向いていない人の違いはこちらになります。

清掃業に向いている人

  1. 健康で元気な人
  2. 臭いがあまり気にならない人
  3. きれいになるのが好きな人
  4. 仕事(作業)が淡々と行える
  5. 朝の早い仕事や夜の仕事でも大丈夫な人

いろんな年齢の方がいるので普通に人と接することができれば
問題がないと思います。

清掃業に向いてない人

この仕事には向いていない人もいます。

実際に入社後半日で帰ってしまう人や突然連絡の
取れなくなる人もいる人もいます。

そんな清掃業に向いてないのはこんな方たちだと思われます。

  1. 汚いものを触るのが苦手な人
  2. 朝起きるのが弱い人
  3. 指示されることが苦手ない人
  4. 体力の全然ない人
  5. 虫やトイレ掃除など苦手ない人
  6. プライドの高い人

このほかにもありますが代表的なのはこのような人
が多いと感じます。

特に掃除業や産業廃棄物業を変に勘違いしている人には
来ていただくなくてもいいかもしれませんね。

では、清掃業・産業廃棄物業はきつい仕事なのでしょうか?

清掃業はきつい汚い大変?

清掃業はきつい?汚い?大変見た目からしたらどう思いますか?

清掃業となると汚いところをきれいにするというイメージがありますよね。

見てる側とやっている側ではちょと違います。

仕事内容がきついのか?と聞かれればきついときもあると言ったほうがいいと思います。

特に清掃業に転職や入社したときに一番大変なことはこちらです。

  1. 臭いがきつい
  2. 虫が出る
  3. 汚いところが多い

ゴミ回収についてはきれいな仕事ではないと思ったほうがいいです。
ゴミを回収したときにゴミ袋が破れて汁も飛ぶし、暑いときは体感温度が上がってきます。

廃材回収だと、汚れた水をかぶったり廃材の汚れで服が汚れることもあります。

スポンサードリンク



すぐにやめていく人の特徴

清掃業というと、いろんな方が入ってきます。

若い方から、年齢の高い方までいろいろ見えますが、そこでもすぐにやめていく人の特徴ってあるのかまとめてみます。

私自身、新人が入ってきたときに、最近ではこの人は続くか続かないかわかるようになりました。

  1. 体力が見た目なさそうな人
  2. 転職理由が曖昧な人
  3. 簡単にできると思ってきた人
  4. 汚れるのが苦手な人

 

意外と、見た目体力がない人は去るのも早いですね。

昼食後にいなくなってしまったり、次の日には来なかったりすることが
多いのがこの仕事では多いです。

しかし、つらい時期を乗り越えると定着が長いのも清掃業ではよくあることです

よく、最初に大丈夫と思って入ってきても実際に体験しだすと
現状と違ったと言ってやめていってしまう人も多い業界だと言えます。

スポンサードリンク



清掃業を続けるコツとポイント

転職や入社するときに、コツとポイントはあるの?と
思われますが、誰でもできる仕事ですが汚れたり臭いに関して
大丈夫な人が続けれる人が多いともいます。

清掃業でもトイレ掃除を毎日していると
汚物などを掃除しなければいけなかったり、ごみの収集だと
夏場の腐敗した臭いで気持ちなる場合は慣れるまで我慢できるかどうかです。

しかし、清掃業は苦手な人も多い職種ですが募集もちょくちょく出ているので
もし興味があったら応募してみてもいいともいます。

意外と、普通に対応できるて若手なら採用もしていただくのも多いともいます。

清掃業・産業廃棄物業は若手があまり多くはないので、若くて元気なら
採用もしていただけるのも早いのでは?

少しでも、清掃業に興味があるなら一度バイトでチャレンジしてみるか
体験で入社してもいいかもしれませんね。

この仕事は、ごみが出る限り無くならない仕事ですし
スキル(特殊車両や掃除のテクニック)なども仕事で身に付けれるので
経験値にもなります。

仕事に悩んでノルマのストレスなどを悩んでいるなら
清掃業も検索項目に入れてみるのもいいかもしれませんね。

仕事探しはここからどうぞ!はたらいく

現場作業員から転職したい!どこに行ける?必要なスキルは?
現場作業員も大変ですよね。 特定の現場に行く作業員や、常に屋外で作業をする人は天候や仕事内容や人間関係で疲れていませんか? この仕事は楽しいし、毎日仲間と話すのが楽しいならこのブログは見てませんよね。 私も現場作業員の経験がありますが、このままでいいのかそれとも転職したほうがいいのかを悩んで転職しました。

コメント