【集団左遷】はなぜ人気だったのか?やはり主役があの人だったからか?

ドラマ
Pocket

TBSドラマで2010年以降の日曜劇場で好きなドラマで「半沢直人」や「JINー仁ー完結編」などを押さえて、「集団左遷」が1位になりました。

このドラマは平成最後に放送された日曜劇場で、原作は小説で様々な困難に迷いながら信じた道を行く感じが共感を得たようです。

【集団左遷】はどんなドラマ?

https://twitter.com/shudansasen_tbs/status/1139384316801114115

集団左遷は2019年4月21日にスタートした下剋上ドラマです。

福山雅治さん主演のドラマで私もリアルタイムで見ていました。

2010年から一番人気のドラマはどれかで「半沢直人」や「JIN-完結編ー」を押さえて1位に輝いたのは「集団左遷」です。

このドラマが始まった時に「半沢直人」に似ていると思って見ていましたが、意外と福山雅治さん演じる片岡支店長がいろいろな局面で迷いながら突破していくのが半沢直人にはない内容があってとてもいいドラマでした。

このドラマで、リアルタイムで三上さんも出てきたときは久しぶり感もありましたが、いいあじでていましね。

物語のあらすじ

三友銀行で働く片岡洋は。ある日鎌田支店の支店長に就任したが常務の横山から「ノルマを達成しなければ鎌田支店は廃店」となると言われる。

しかし、大規模なリストラ改革をしたいと思っている横山は。いろんな手段を使って鎌田支店をつぶそうとする。

それに反して蒲田支店の銀行たちは銀行員一丸となって目標売上を達成する。

このドラマには、香川さんも副支店長として出ていて「半沢直人」に似ているなんて言葉もあったようです。

【集団左遷】ドラマの人気の秘密は?

https://twitter.com/shudansasen_tbs/status/1142649108571648000

集団左遷は福山雅治久しぶりのドラマ主演ということで、初回1話が視聴率13.8%もたたき出しました。

1話目から売り上げ目標を達せしないと「蒲田支店は廃店」ということで目標金額が100億円ってド根性で乗り越えられるのかともいながら挑んでいくさまがドラマに引き込まれる要素でしたね。

2話目では支店同士のお客の奪い合い、リストラ計画でリストラ対象ではない視点からのおきゃを奪いとる嫌がらせを受けてしまう。

そんないろいろなことを乗り越えていく、逆転劇が人気の秘密ではないでしょうか?

しかし、2話目から7話目までは視聴率も一桁代で3話目の10.1%以外は9%台とジワリジワリと頑張っていました。

ただ最終話で13.1%をたたき出すことができました。

数字だけではありませんが、第2の半沢になるかと言われていましたが今回の2010年から一番人気のドラマで1位になったのは、やっぱり面白いドラマだったのでしょう。

【集団左遷】 なぜ人気のまとめ

集団左遷は福山雅治さんが銀行のリストラに合いながら、逆転してみんなを救うドラマという感じです。

今までの復讐劇とは一味違った。逆転ドラマという感じで見たほうが面白くなるのでしょう。

こんなに人気なら第2期も作ってほしいものですね。

まだ「集団左遷」を見たことない人はこちらで見てみてくださいね。

▼ 集団左遷はU-NEXTで見れちゃいます ▼



▲ 31日間無料トライアルもあるので試してみたら? ▲

今人気のドラマ記事はこちら

👇    👇

ドラマネメシスの青いタピオカラーメンてあのラーメンのアレンジじゃない?

【最高のオバハン 中島ハルコ 】のモデルは誰?ドラマも始まりました。

【コントが始まる】ドラマ感想~1話を見て感じたこと~