【シェフは名探偵】のヴァン・ショーがおいしそうレシピはどんなの?

シェフは名探偵
Pocket

シェフは名探偵のドラマがついにスタートしました。

このドラマは、人気小説のシリーズで「タルト・タタンの夢」「ヴァンショーをあなたに」「マカロンはマカロン」が原作のドラマとなっています。

そんなドラマの中で、西島秀俊さん演じる三舟シェフはお客さんにそっと出している飲み物のヴァンショーがとってもおいしそうですよね。

今回はシェフは名探偵に出てくる「ヴァンショー」のことをレシピと一緒にまとめてみました。

シェフは名探偵で出てくるヴァンショーのレシピは?

https://twitter.com/tx_shefutan/status/1367599302231527425

このドラマで出てくヴァンショーですがホット赤ワインにシナモンが添えられていて柑橘系の果物が入っていましたね。

ちょっと見ていると、飲んでみたくなります。

そんなヴァンショーのレシピはこんな感じになっています。

シェフは名探偵で出されているレシピはこちらになります。

ヴァン・ショー<2杯分の材料>

  • 赤ワインもしくはぶどうジュース(300cc)
  • オレンジ果汁(100cc)
  • クローブ(4本)
  • 生姜のスライス(2枚)
  • はちみつ(お好み)

この材料を鍋に入れて1分ほど沸騰させる

粗熱が取れたら

冷蔵庫の入れて一晩おきます。

温め直してシナモンスティックとオレンジスライスを飾る。

これがドラマ内で使われているヴァンショーのレシピです。

ヴァンショーにはいろんな方が作っているレシピもあるのでそちらは次で紹介してあります。

ヴァン・ショーオリジナルレシピ

  1. シナモンスティックを1本砕いておきます。
  2. 鍋に水100mlと砂糖大さじ2とグローブ2本・オレンジ1/4個・レモン輪切り1枚を入れて火にかけます。
  3. 煮立ったら弱火で2~3分煮ます。
  4. 煮立った鍋に赤ワイン180mlを加えて温めます。
  5. 温めたものをこしてグラスに取り分けます。
  6. 出来上がったヴァンショーにシナモンスティックを入れて飾れば完成です。

家でも材料があれば簡単にできちゃいますね。

シナモンスティックも今では普通にスーパーでも買えちゃいますのでほっとしたいときに飲むのもいいですね。

体がとっても温まるので、寒い時期にはとってもいいと言われています。

スポンサードリンク




https://arisuto2.xyz/archives/3906

ヴァンショーをもっと簡単に作れないか調べてみた。

手間をかけて作るヴァンショーも家庭の味という感じでおいしいのですが、もっとお手軽にできないか調べてみました。

今では、ホットワイン専用のティーバックも出ているようです。

自宅で簡単にホットワインをとワイン王国の山梨で作られています。

ティーバックの中にはシナモン・ジンジャー・グローブなどの数種類のハーブが配合されています。

名前も「Vin chaud with 南部茶 ホットワイン用ティーバック」となっています。

作り方も簡単でカップに赤ワインとティーバックを一緒に入れてレンチンするだけのお手軽さ!

味も南部茶の味わいによってワンラックアップした感じの味わいになりお好みで砂糖やはちみつで甘さを調整できます。

ただ、このティーバックはワインが飲めない人にもコーヒーでチャイ風に牛乳でスパイシーなホットミルクに仕えて今までと違うノンアルコールの飲み物にも使えます。

柑橘系のミカンやレモンなんかをスライスして一枚浮かべてもおいしそうですね。

これなら煮込む手間などを考えたら簡単にヴァンショーが楽しめちゃいますね。

10%割引 Vin chaud with 南部茶 ホットワイン用 ティーバッグ 2個 セット ハーブティー シナモン ジンジャー 山梨県産 お茶 繭玉 ポスト投函便

価格:1,686円
(2021/6/4 21:15時点)
感想(0件)


https://arisuto2.xyz/archives/3864

シェフは名探偵のヴァン・ショーレシピなどのまとめ

シェフは名探偵の中でヴァンショーは三舟シェフがそっとお客様にお出しするアイテムの人となっています。

そんなヴァンショーを見ているとおいしそうなので実際に飲みに今はいけませんので、自分で作れるレシピを紹介しました。

だた煮込んだり材料を集めたりするのが面倒くさい場合は簡単にできるホットワイン用のティーバックを使ってもおいしくいただけます。

そんなヴァンショーを飲みながらシェフは名探偵を見るっていうのもいいくつろぎタイムですね。

【シェフは名探偵】の小説はどんなものがあるのか著者はだれ?
シェフは名探偵の小説はどんなものがるのでしょう?著者もだれなんでしょう?気になることを見やすくバッチリまとめてみました。