オーディオブックのメリットやデメリットについて気が付いた点はこれ!

オーディオブック

最近私がはまっている、耳で聞く読書のオーディオブックは耳で聞く読書です。

最近、毎日のようにオーディオブックで本を聞いています!

オーディオブックは本を声優さんがいい声で朗読して聴けるサービスです。

本は目で見て読むだけでもいいところはたくさんあります。

しかし、耳で聞く聴読もいいところはたくさんあります。

今回は、オーディオブックのメリットやデメリットをまとめてみました。


オーディオブックとは?

オーディオブックとは、今ではいくつもサービスが出ていますが代表的なのはaudiobook.jpとAmazonからAudibluの二つがあります。

聴き放題はaudiobook.jpには初回30日間は0円で月額750円で聴き放題プランを購入できます。

Audibluは聴き放題プランがなくなり、定額1500円/月で毎月もらえるコインで本を購入できます。

どちらも耳で聞く本ですので、本を聴くことには共通点はあります。

オーディオブックのメリットは?

オーディオブックは音で聞く本です。

本は読むものと昔は私もそう思っていましたが、最近ではオーディオブックにはまっている毎日です。

本を読むのも好きなので、今までは本屋で購入しては集中して本を読んでいました。

しかし、オーディオブックは耳で聞くため手が空きます。

ラジオを聴く感じや音楽を聴くみたいに聴けるのがいい点ですね。

私は、通勤時音楽を聴いていましたがいろいろ勉強をしたいので何かいい方法がないかな?っと探していた時にたどり着いたのがオーディオブックです。

そこでオーディオブックのメリットは  ありました。

  1. 本のながら読みができる
  2. 読書のハードルが下がる
  3. 繰り返し聴ける
  4. しゃべり方の勉強になる
  5. 倍速で聴ける
  6. 小説を聴くと登場人物の感情がわかる
  7. 老眼のきつい人には読む聞いたほうがいい
  8. 本のようにかさばらない
  9. 聴かないジャンルの試せる
  10. いつでも買える

1,本のながら読みができる

本はペラペラめくってみて読むことはできませんが、オーディオブックは聴き流しができます。

本を買って何度も読んで切る人もいると思いますが、取り出してよむことは結構おっくになっていたり、新しい本が出るとそちらを読んでしまったりします。

オーディオブックでは流して聴けるので、ポッチとするだけで呼び出すこともできて、何dも聞くこともできます。

2、読書のハードルが下がる

本を選ぶときに古本だったり新書だったりすると、購入するのをちょっとだけ買おうかどうしようかな?って迷うこともありますよね。

特に読んだことのないジャンルをチャレンジ!することが本だとしにくいときがあります。

オーディオブックだと、ちょっとだけ聞いてみたいときに視聴することもできたり聴き放題でダウンロードすることもあります。

3、繰り返し聴ける

同じ本を繰り返して聴けるのがオーディオブックのいいところです。

何度も何度も聞くことで、耳からの情報が頭にすりこまれていきます。

気になったところはもう一度戻って聞くことができるので、本の読みなおしよりも簡単にできます。

4、しゃべり方の勉強

オーディオブックは、プロの声優さんが読んでくれます。

この聴読を聴いていると、しゃべり方の勉強になります。

特にビジネス書だと、この調子でしゃべると聴き行ってしまうようなポイントがわかってきます。

5、倍速で聴ける

本だと慣れていないと、斜め読みや速読なんてものはできませんがオーディオブックならいつもより早く聞くことができます。

倍速で聞くと脳が処理能力が上がってくるので、頭の中に入りやすい。

6、小説を聴くと登場人物の感情が感じやすい

小説などを聴くと、登場人物などの話を聞いていると本で読むものと違い人物の感情が聞き取りやすいです。

女性の声は女性で男性の声は男性の声で聴けるときがあります。

ラジオドラマを聴いている感じになるので、小説の好きな方はより入り込みやすいのではないでしょうか?

7、老眼の人には本を読むのがきつくなったら聞いたほうがいい

結構本は字が小さいので、老眼鏡が必要になった人にはつらくなってきます。

そんな時に、耳から読書は目を使わない分楽に聴けます。

8、本のようにかさばらない

本は購入したらそのまま保管しておくと溜まっていきます。

いらないものを売れば少しはかさばりませんが、どうしてもまた読むかもしれないということがあるので本棚にしまっていきます。

そうなると、置き場所もだんだんなくなっていきます。

そんな時にオーディオブックはスマホにライブラリーの形で残るのでデーターで保存できます。

邪魔にはなりませんよね。

10、いつでも買える

本屋に行って、気になる本を見つけるときに探し回ることってありませんか?

いろいろ探して見つからないときって悔しいですよね。

オーディオブックも、ないものもありますが、検索で調べていくとあればすぐに購入できます。

試し聴きもできるので、立ち読みの要領で聞いてから購入もできます。

スポンサードリンク



オーディオブックのデメリットは?

いろんなところでオーディオブックのデメリットを調べてみました。

個人的にはデメリット自体を感じないので、ちょっとだけ気になる点をまとめてみようかな?

聴く読書ですので、そんな気になる点(デメリット)はこちらです。

  1. 聞き逃してしまう
  2. 気になる本がない商品もある
  3. 画像を参照といわれる時がある

1、聞き逃してしまう

流し読みをしてみると、最初は言っていることを聞き逃してしまうこともあります。

聞き逃してしまうと、スマホからだとスライドして聴きなおせばいいのですが、スマホが触れない状態の時はすぐには聴きなおせません。

ただ、聴読の仕方は何度も聴いたほうがいいので、同じ本を何度も聴いてみると聴きながらあたらしい発見もできるので、聞き逃してもさほどデメリットではないような気がします。

あと、普通の本のようにマーカーでチェックをつけたり、フセンもつけれないと言っているところもありましたが、audiobook.jpだとこのようにフセンをつけておくとチェックできます。

気になる点はフセンでチェックして、時間のある時に再度チェックしてみるといいです。

ただ、移動中などではチェックできないのがデメリットですね。

2、気になる本がないときがある

現在出ている本の中には、オーディオブックにはないものもあります。

すべて販売されている本がオーディオブックになってないものもありますので、そんな時は出るまで待ちましょう。

3、画像を参照ってときがある

いろんな本を聴いていると、画像の図1を参照してくださいって言われる時がありますが通勤時に言われてもってことがあります。

止まって触れれば見れるのもありますが、見れないときはスル―するしかないです。

オーディオブックメリット・デメリットまとめ

オーディオブックのメリットは10つとデメリットは3つでしょうね。

  1. 本のながら読みができる
  2. 読書のハードルが下がる
  3. 繰り返し聴ける
  4. しゃべり方の勉強になる
  5. 倍速で聴ける
  6. 小説を聴くと登場人物の感情がわかる
  7. 老眼のきつい人には読む聞いたほうがいい
  8. 本のようにかさばらない
  9. 聴かないジャンルの試せる
  10. いつでも買える

デメリットはこちらです。

  1. 聞き逃してしまう
  2. 気になる本がない商品もある
  3. 画像を参照といわれる時がある

しかし、このメリットデメリットに関しては、実際に体験してみるとわかりやすいと思います。

私も長いことオーディオブックを聴いていますが、聴き放題で面白い本が出てくると試してみたり、あまり読まない本も聴き放題なら試して聞いてみると意外な発見があります。

オーディオブックと本を読むのではどちらも良い点のメリットとデメリットはあります。

しかし、どちらもいいところはありますので選択肢が増えたという感じで使ってみることをおすすめします。

オーディオブック聴き放題なら – audiobook.jp

【実体験】オーディオブック再生速度はどれくらいの速度がBEST?
オーディオブックを聴き始めてみたら、通常で聞いているけどなんだろう? 物足りないってことありませんか? 特に声優さんの声がいいので、聞きほれてしまうならいいのですが聞くなら内容を重視して頭に入るように聞いたほうがいいと思います。 私も、 ...

コメント