【漂着者】2話感想~1400年お待ちしておりましたってなんだ?

漂着者
Pocket

漂着者が始まり、ミステリアスな感じで1話から引き込まれました。

さて2話が始まり1話で病院の窓から身を投げて・・・・

そんな漂着者2話の感想を今回も個人的な感想を交えながら書いていきます。

ちょっとネタバレ入っていますから見てない人は見逃し配信で見ときましょう。

U-NXETなら今なら無料で600ポイントもらえていろんなドラマや映画も見れます。

漂着者1話ももらったポイントで見ることもできますし30日間無料トライアルが付いているので試しやすいです。

漂着者2話あらすじ

突然病院の屋上から飛び降りたヘミングウェイ身元引受人のローゼン岸本との出会いが引きがねとなったのか?

ヘミングウェイが入院している病院で大学教授が泣くなったことで良心の呵責で飛び降りたんじゃないかと柴田刑事は疑っている。

そんな中死因は自殺と断定されたが、胸の前で腕をクロスした状態でテープでぐるぐる巻きの状態が自殺だと納得できない柴田は防犯カメラの映像を洗い直すことに。

スポンサードリンク



【漂着者】1話感想と考察~見方を変えると何かが見える?
漂着者が始まり1話を見ていろいろな感想がありました。ミステリアスな物語になっている為いろんな考察がわいてきました。 今回はそんな漂着者1話感想と考察をまとめてみました。

【漂着者】2話 感想

ヘミングウェイが奇跡的に助かったということで植木があったので足の骨折などで命には別状はなかった。

まあ。彼の風貌からまず奇跡があ起こりそうな雰囲気でしたね。

ここから病院からしあわせの鐘に引き取られてそこで暮らすこととなります。

白い衣装でとっても怪しそうな団体ですが、ヘミングウェイとローゼンが移動中に話しているときにローゼンが言った言葉がとっても気になりました。

1400年もお待ちしておいりましたから・・・

これって何か意味するのか?後で考察してみます。

ただ、また起こった児童行方不明が起こります。

ヘミングウェイはまたスケッチブックにイメージを書くが金魚の絵の上から黒いクレヨンで塗りつぶしてしまいます。

「何も見えない」という言葉に発見されたときは遺体で発見されています。

預言者かと思う行動にSNSでもわいてしまっているほどです。

病院内でなくなったう後宮教授が自分の室内に書き残した数式の羅列でDNAの羅列の式だとはわかりましたが、そこでヘミングウェイは突然数式を書き直してしまいます。

今回の2話はミステリアスな部分がたくさんありました。

私なりに気になった1400年お待ちしておりましたと言う言葉に何か意味があるの考察してみました。

【漂着者】で男が呼ばれるヘミングウェイってどんな人だったの?
新ドラマ「漂着者」で全裸の男が発した言葉からヘミングウェイと呼ばれるそうです。 そこでヘミングウェイって名前は聞いたことがあるけどどんな人?名言と一緒にまとめてみました。

漂着者で1400年お待ちしておりましたを考察してみた。

このドラマの中ではいろんなことが気になりすぎでまとめるのが追いつきませんが私なりの「漂着者」のヘミングウエィについて考察してみました。

※もちろん公式で発表されたものではありません。

ローゼンが言った「1400年お待ちしておりました」の言葉でヘミングウェイは何なんだ?と考えてみると。

  • 異世界からの転生者?
  • どこかの組織の陰謀の作られた虚像
  • 生まれかわり説
  • 宇宙からの使者

などが私なりに考えられますが。

1400年前と言えば西暦600年ごろということです。

約7世紀に何が起こったのかとというと

  • イ〇ラム教の誕生
  • 三蔵がインドから経典などをもって日本に期間
  • 法隆寺が聖徳太子によって再建された
  • マヤ文明の古代都市パレンケ最盛期を迎えていた

などを調べていくうちに、7世紀には宗教や仏教に関することなどがとっても気になってしまいました。

特にヘミングウェイの足にあるタトゥーの鳥の模様はマヤ文明の模様にも似ているような感じもします。

よく、テレビなどでマヤの遺跡に宇宙船が書かれているということもあったので、ヘミングウェイは過去から宇宙船で到着して漂着して発見されたと考えるのがまず一つ。

過去の人物の生まれ変わりだとすると、2話で出てきた遺伝子操作により何らかのクローンで。

ローゼン岸本が言うように「まだあなたにはピースが足りない」ということで後で頭にデーターを刷り込まれるために作られたと考えるのが一つ。

など考えていくと彼はマヤ文明や過去の偉大な偉人の遺伝子を操作されて作られたクローンでこれから新しい記憶を植え込まれていく素体なのか?

人の脳にはまだ未知の領域があるなんてことも言われている為それを解放した人間がヘミングウェイで予知能力が備わってしまったという考察もしてみました。

ただ、何だろうしあわせの鐘ではヘミングウェイと新谷の後ろにあったストーンサークルのようなものも何かを物語っているかもしれませんね。

【漂着者】2話感想まとめ

来週が楽しみで仕方ないですね。

すごくミステリアスで、まだ思いだけが先走ってヘミングウェイは何者なのかが気になります。

まだ秘密は隠されたままですが、ヘミングウェイの言葉に驚くこともなく淡々と話を進めるローゼン岸本が何か秘密を握っているのは確かなようですね。

ただ彼のことを気になり調べだすと、死を迎えるのは2話の最後でびっくりしましたが。

もう時間が無くなってきましたこの言葉が意味することは?

また来週も【漂着者】をわくわくしながら待ちましょう。

ハコヅメ2話感想あらすじ~やる気を出した川合が空回り?
ハコヅメ2話が始まりましたね。川合が警察官を続けるということでこれからの頑張りが気になります。 ただちょっとだけ空回りしていたところが可愛くもありますが。今回はハコヅメ2話感想をまとめてみました。