半径 5 メートルドラマの原作は?ドラマの内容はどんな感じかな?

ドラマ
Pocket

半径5メートルは女性週刊誌の女性の方のもやもやに若手編集者とベテラン記者がバディを組んで自分のこととして記事にしていくというドラマです。

女性若手記者に芳根京子さんベテラン記者に永作博美さんが出演されます。

そんな半径5メートルのドラマに原作はあるのかをまとめてみました。

スポンサードリンク



半径5メートルドラマの原作は?

半径5メートルには原作はありません、橋部敦子さんのオリジナル作品となっています。

橋部敦子さんは1月期のドラマでなんと!「知ってるワイフ」と「モコミ~彼女ちょっと変だけど」の脚本を担当されていますした。

過去のドラマの作品では「僕のいた時間」や「ナースのお仕事」や「フリーター家を買う」などの脚本を担当されていました。

人気ドラマもたくさん手掛けています。

そんな気になる半径5メートルのドラマのあらすじは?

韓国ドラマは日本でリメイクはつまらないと思わないのでまとめてみた。
私の知り合いで、韓国ドラマのリメイクはつまらないと言っている人がいました。 しかし、私はそうは思わないんですね。 日本のドラマも原作からのドラマ化や、小説からのドラマ化があるように韓国や海外からのリメイクはあってもいいともいます...

半径5メートルドラマのあらすじは?

週刊「女性ライフ」の編集者・風未香(芳根京子)は芸能ゴシップをおう「一折」班で失態を犯してしまい、「二折」班に移動になってしまう。

そこで出会った、ベテラン女性記者とバディを組んで、記事にもならない女性たちの身近な問題、いわゆる半径5メートルにおける人間模様を伝えていく様を描きます。

名物編集者の宝子の取材方法は一風変わっている。

レトルトおでんを買おうとした主婦に自分で作れと怒られた話題にで宝子はこんにゃく作りから始めるこの行動が人とは違うアプローチが次第にわかってきてメンターとして成長していく。

毎回ワンテーマで、いろんなモヤモヤも交えて半径5メートルのネタから世界を揺り動かしてくる。

スポンサードリンク



リコカツの脚本は誰?前にどんなドラマを書いていた?
リコカツが間もなく始まります。 北川景子さんと北山瑛太さんの リコカツの脚本は泉澤陽子さんです。 今回リコカツの脚本と同時に漫画も泉澤陽子さんが手がけています。 そんな泉澤陽子さんは前にどんなドラマの脚本を手掛けてい...

半径5メートル原作は?内容はどんな感じ?まとめ

半径5メートルは身近な問題に女性二人のバディが新しい視野で問題を解決するんでしょうか?

永作さんのドラマも久しぶりな感じもします。

ストーリはあなたの半径5メートルから生まれるというコメントで確かに!と感じることが多いですよね。

ドラマではない実社会では自分の周りがストーリーになっているはずです。

いくつものなぜを浴びている自分たちに、すべてが居心地のいいものではないときもあります。

その謎を解き明かすと真実が見えてくるのは私たちの仲にもあるのだろう。

日常のニュースの中で起きた、もやもやや常に周りにあるモヤモヤを少しでもふっとなれるドラマになうような気がしますね。

私の中では今年の春見るドラマに入っっています。

放送予定はNHK総合 2021年4月30日(金)スタートです。

夜の10時から10時44分連続10回ドラマとなります。

ひきこもり先生のキャストやあらすじは?どんなドラマなの?
ひきこもり先生が6月にドラマで始まります。 人生損ばかりの「元ひきこもりの50歳男」が中学校の非常勤講師に悪戦苦闘しながら一歩踏み出すハートフル学園ドラマです。 4月からの春ドラマが多い中、全5回という感じのドラマで主役が佐藤二...
ラジエーションハウスの続編はいつやる?キャストはどうなるんだろう?
ラジエーションハウスの続編の情報が入ってきました。 窪田くん主演のラジエーションハウスの続編は誰もが期待をしていたドラマです。 今回は、ラジエーションハウスの続編についてまとめてみました。 スポンサードリンク ...