ブロックチェーンとは初心者が勉強してみた

ブロックチェーンとは初心者が勉強してみた
Pocket

仮想通貨の勉強を牛歩の様にやっていますがその中で

専門の用語が初心者の僕にはわかりにくいので

今回はブロックチェーンってなんなの?っと

感じたため勉強してみました。

もちろん今回も知っている人には温かい目でみて

頂くと嬉しいです。

 

スポンサードリンク



ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンを聞いたときにどゆ事?

初心者には難しいと最初は思いましたが

簡単に言うと帳面や台帳で表すとわかりやすい

ですよね。

ブロックチェーンはブロックとチェーンに

分けて知るといいですね。

イメージはこんな感じです。

仮想通貨の取引記録をする台帳が『ブロック』と

言って一定期間の取引期間を記録したものが

一つの『ブロック』になっているようです。

そのブロックは一回書き込まれたら消えない仕組みで

次に新しいブロックが全て後ろにつながっていく

ようです。

こんな様に宝箱にデーターが入っていて

それが鎖で順番につながっているイメージですね。

 

そのつながっていることを『チェーン』といって

その記録のつながりが『ブロックチェーン』と

言われています。

ブロックチェーン何故このような仕組みなの?

データーを次につながっているのはわかりましたが

何故ず~とつながっているんでしょうか?

このブロックチェーンはデーターの改ざんを防ぐために

この様な仕組みになっているようで。

ユーザー同士が管理をしていてネットワーク参加者に

よって支えられてブロックチェーンが作られている

この事をP2P方式と言う様です。

簡単に説明すると

みんながいつでも見れて

みんなで支えて

みんなで見張っている台帳が

ブロックチェーンとゆうことです。

時系列ごとにブロックにハッシュ値が含まれていて

次のブロックに前のハッシュ値が含まれて繋がっている

為 不正なデーターの改ざんがあった場合はその後の

ブロックもハッシュ値が変わるため改ざんが突き止め

られる仕組みになっている。

 

ハッシュ値とはデーターを別のデーターに変換した

値の事です。

 

その為変換されたハッシュ値は前の

データーには戻せないようです。

ブロックチェーンの確認はどうしてるの?

ネットワーク上で取引されている仮想通貨は

世界中のコンピューターが管理をしているので

そこに参加している人が台帳管理をして頂いている

簡単に言うと世界中が監視下になっているようです。

 

ブロックチェーンは常に世界中で見張られているので

ネットワーク参加者(マイナー)が確認をして正しい

情報をブロックとして生成しています

スポンサードリンク



ブロックチェーンとはのまとめ

ブロックチェーンとは管理台帳のことで

常に取引記録がネットワーク上につながっている

その情報をネットワーク参加者が確認や改ざんなど

がないかを常に管理していただいてる参加者がいて

その方々をマイナーさんと呼ぶようです

マイナーさんのおかげでブロックが出来たり

ネットワークが監視されたりしているわけですね。

 

初心者なのでこの辺まで理解はしましたが

まだ奥がありそうでしたがここまでが

今回の勉強の成果でした。

仮想通貨の種類は?マイナスから勉強してみた