【ナイト・ドクター】の脚本家は誰?過去のドラマはどんなドラマを手掛けてた?

ナイトドクター
Pocket

ナイト・ドクターのドラマ化けて位で脚本家は誰なんでしょう?

もちろん原作や漫画なども気になりましたので調べてみました。

6月のドラマの中では一番の注目株となるナイト・ドクターですが今回は脚本家さんに焦点を当てて調べてみました。

ナイト・ドクター脚本家は誰?

ナイト・ドクターの脚本家は大北はるかさんです。

大北はるかさんはあの「ラジェーションハウス~放射線科の診断レポート~」や「グッドドクター」を手掛けた脚本家さんです。

医療系のドラマもやったことがあるなら医療系のナイトドクターは結構期待値が高くなりますね。

他のドラマの脚本も「帝一の國」や「好きな人がいること」なども手掛けていましたね。

今回は演出に「ラジェーションハウス~放射線科の診断レポート~」をやられた関野宗紀さんと「監察医 朝顔」を手掛けた澤田鎌作さんがスタッフでいます。

プロデュースも野田悠介さんは「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」などを手掛けた方です。

スタッフも病院関係のドラマを手掛けているとあらすじやストーリーも気になってきますね。

ナイト・ドクターには脚本家の大北はるかさんの過去の作品はどんなものがあるのでしょうか?

スポンサードリンク



ナイト・ドクター脚本家大北はるかさんの過去作は?

大北はるかさんは、2015年に「テディ・ゴー」でテレビドラマをデビューしてます。

他にも、「好きな人がいること」「ラジェーションハウス」を手掛けています。

 

「好きな人がいること」このドラマも、桐谷美玲さんがドラマに結構出ていた時期でしたね。

櫻井美咲がパティシエを目指して住み込みで海沿いのお店で働くことになって3人の兄弟も三浦翔平さんと山崎賢人さん野村周平さんとのやり取りが恋の行方は誰を選ぶのと思って見ていたドラマでした。

「ラジェーションハウス~放射線科の診断レポート~」も五十嵐唯織も窪田正孝さん甘春杏を本田翼さんがやられていて、かなり面白かったとか親しみが持てたという意見も多い作品でしたね。

近々、ラジェーションハウスも帰ってくるようなことを聞きましたが、新しい情報が入り次第更新します。

[AD]
大北はるかさんのデビュー作テディ・ゴーが見れるのはここだけです。

ナイト・ドクター脚本家は誰?原作や漫画はあるのかまとめ

ナイト・ドクターは大北はるかさんのオリジナル作品となっています。

ドラマのキャストも波留さんや田中圭さん、他にも岸優太さん北村匠海さん岡崎紗絵さんの主要なキャストが紹介されています。

オリジナルのドラマとなりますが、他の演出家やプロデュースも医療系のドラマを手掛けたエキスパート方たちです。

6月に始まるこのドラマは、今までの医療ドラマと違って夜間専門の病院ということでいろんな意味でも楽しみなドラマとなりそうです。

関連記事はこちらからどうぞ

ナイト・ドクター 原作はあるのか?キャストやあらすじもまとめてみた。

【ハコヅメ】は面白いからドラマがどうなるかが楽しみに!