花を贈る意味は?40代のおじさんが贈って喜ばれるポイントはこれだ!

生活
Pocket

40代のおじさんになってくると、花を贈る機会もめっきり減ってきていると思います。

しかし、40代だから贈る相手がいる場合しっかりした花の選び方も大切です

でもどうやったら、相手が喜んでもらえるんでしょう?

おじさんにはなかなか選ぶのも恥ずかしい所もありますよね。

今回は、40代のおじさんが花を贈るポイントをまとめてみました。

もちろん、この記事は40代のおじさんだけでもなく男性が女性に花を贈ることを男性目線と女性からの意見を聞いてまとめてみました。

✔この記事のポイント
〇 花を贈る意味は?
〇 花を贈るときのチェックすることは
〇 どのような花を送れば喜ばれるか?

花を贈るときに色々悩んでしまいます。

そんな時に全国1,800店の全国のお花屋さんが加盟しているオンラインショップも参考にしてみたらどうでしょうか?

特に「めざましテレビ」で毎週お花のお届けでも紹介されています。

彼女だけでなく、母の日・結婚記念日などにそっとネットで頼んでサプライズなんてのも大人の男としてはカッコいいですね。

詳しくはこちらからどうぞ

花を贈る意味は?

花を男性から女性に贈るときに、男の心理としてはもちろん「喜んでほしい」ことが目に浮かんで選んでいます。

特に花屋でどれを選んだら喜ぶのかを花屋さんと相談しながらキレイにラッピングしてもらいます。

その花束を抱えながら、お店を出るときは少し恥ずかしさはありますが「あいつ喜んでくれるかな?」とか思いながら花を持って会いに行っています。

他にも、付き合いが長い場合ここぞというところで花束を買うことも多いようです。

男性が好きな女性に花束を贈るということは、自分の心の表現を表したものと言えます。

特に日本人のおじさん男性は、外国の男性と違って表現力がうまく表せれない人も多いようです。

花束を贈るのは、その時に好きな人に気持ちを伝えるいいアイテムとなっています。

花を贈るのは相手が大好きな証拠とも言えますね

花を贈るときのチェックポイントとは?

では、どのような花を贈れば喜んでもらえるのでしょう

付き合っている女性によっても花の好みはあるともいます。

まずはリサーチしておきましょう、好きな花・好きな色・好きな香りなどを自然と聞いておきましょう。

それもさりげなく聞くことで、花束を渡した時にサプライズ感が増しますので、直接聞くよりもさりげなく言った言葉を記憶しておきましょう。

花を買う時の参考ポイントはこれだ!

  1. 好きな花をリサーチしておく
  2. 好きなニオイや色も聞いておく
  3. 贈る相手のイメージも考えておく
  4. 持ち運びする大きさも考える

この辺を抑えておくといいと思います。

1番は相手に喜んで頂くことがポイントとなります。

相手が奥さんや彼女なら、イメージがわきやすいですよね。

日ごろのしぐさや、話から相手の気持ちに合わせた花を選ぶと良いと言われています。

持って行く大きさをを考えるは、これから会いに行って何で移動するかでも変わってきます。

花束でバラの花100本でなんて電車で移動したら、邪魔でしょうがないですよね。

その辺を考えて花束にしてもらいましょう。

即日配達・送料無料!お花のプレゼントなら【フジテレビフラワーネット】

どの様な花を送れば喜ばれるのか?

では、どんな花を贈れば喜ばれるのでしょうか?

実際に私の知人が昔花屋でしたので、おじさんが買いにくるときってどんな感じだったと聞いてみました。

たくさんお客さんに対応していたので基本男の人は花のことはよくわかっていなのでその場でリサーチをするそうです。

その時のポイントはこちらです。

  1. 予算はいくらか
  2. どの様な感じで花束にしたいか
  3. 明るいイメージがやわらかいイメージか特徴を捉える
  4. 相手の好きな花はあるか

そこからお客様に合わせたリサーチをするようです。

予算でも5000円でも小さく作ってほしいならそのような感じで作るし3000円でも組み合わせによっては豪華にも見えるように作ると言っていました。

お客様に渡すときには、お渡しした時にその人が相手に渡した時に喜んでもらう花束を作るのが基本と言っていましたので、困った時はお花屋さんに相談しましょう。

40代のおじさんが、花屋さんに買いに行くとちょっとだけ見栄っ張りになったりキザになったり、恥ずかしかったりしてしまいます。

でもお花屋さんで男性が買いに来ると「かみさんに送りたいんだけど」とか「結婚記念日で送りたいんだけど」とか言われると、花屋さんもいいおじさんなんだなと思う人もいるようです。

おじさんも恥ずかしがらずに、たまには花屋さんで奥さんや彼女に花を買ってみたらいかがでしょうか。

スポンサードリンク



花を贈る意味とポイントまとめ

花を贈る意味は、大好きな人に喜んでもらうというのが1番ではないでしょうか。

おじさんになってくると、誕生日プレゼントや結婚記念日に指輪やネックレスなどを贈ったりしてくると、長く付き合ってくるとネタも無くなってきますよね。

そんな時に花を添えて贈ってみてはいかがでしょうか。

✔おじさんが花を贈るポイント

 贈る相手を考える

  1.  好きな花をリサーチしておく
  2. 好きなニオイや色も聞いておく
  3. 贈る相手のイメージも考えておく
  4. 持ち運びする大きさも考える

 贈る花を選ぶポイント

  1. 予算はいくらか
  2. どの様な感じで花束にしたいか
  3. 明るいイメージがやわらかいイメージか特徴を捉える
  4. 相手の好きな花はあるか

私もネタが無くなった時にプレゼントと合わせて1輪花を贈ってみました。

ちょっとだけいつもと違う顔が見れたのがうれしかったです。

おじさんでも、ちょっとだけタイムスリップした気持ちがわくのが相手に花を贈ることではないでしょうか?

ちょっとだけ、喧嘩をしたり最近子供たちも大きくなって二人でいてもあまり会話がない人におすすめなのが、「いつもありがとう」「これからもよろしくな」と花束を何もない時に買って行ってはいかがでしょうか?

相手に気持ちを伝えるには、とてもいいアイテムになりますよ。



404 NOT FOUND | これな〜に?
気になることを書いてみました~

コメント